2014年01月30日

大分労働基準監督署(新川合同庁舎



俺が人を雇った場合に、
どのように労使紛争に対して備えるかを調べに


大分労働基準監督署(新川合同庁舎)


に行ってきた。



外観


IMG_2292[1].JPG


庁舎二階に監督署はある。
官庁だけに・・・暗いな。。

IMG_2293[1].JPG


受付

IMG_2294[1].JPG


まずはこれを読んでください、との事だった。。


IMG_2295[1].JPG



良く勉強します。。。





posted by jg at 16:49| Comment(0) | 日々の出来事

2014年01月28日

餓鬼道に堕ちたな


アクリフーズの事件を起こした奴の話しだ


「やってらんねえ」


だったそうだ。

奴は契約社員で社員との給与差と仕事の負荷増大に対して
常に不平不満をこぼしていたとか。


しかし、みんなが「やってらんねえ」毎日を過ごしている訳だよ。


それでも一日の終わりに気持ちをリセットし
次の日を迎えて仕事に臨んでいる。


「やってらんねえ」なら、辞めればよかったんだよ。


マルハニチロとアクリの信用失墜が目的なら
やつの行動は、これ以上ないくらい成果を上げたといえるかもしれない。

なにせ、蟻の一撃が像を倒すくらいの衝撃だからだ。

しかし、健康被害を受けた人には何の罪もない。

奴は、やり方を間違った。


この先、奴は懲役刑をくらうだろう。

そして、出所した奴に対する世間の風当たりはとても厳しい。

出所後、常に奴は
「やってらんねえ」「やってらんねえ」「やってらんねえ」
と不平不満を呟きながら生きて行くことになるだろう。


奴が不平不満をやめ、あるがままを受け入れ
毎日を前向きに過ごすように努めていればこんなことにはならなかったろうに。

自分の趣味を仕事に変えていれば、案外大成したかもしれん。
人生、何が当たるかなんて誰も分からないし。

しかしもう、手遅れだ。


奴は’餓鬼道’堕ちた。

餓鬼を救う’施餓鬼’というお経があるが、俺にはとてもこいつは救えない。

服役中に自分と正対し深く反省しこれから起こる辛い道のりをあるがままを受け入れる
心持ちに変わらない限り、’餓鬼道’から抜け出す方法はないだろう。


さて、アクリフーズだが、記事などを読むと
「一人の犯罪のために無辜の社員が迷惑を受けて、・・・」などと
かかれていたが、実際こんな事件が起きるような素地があったのだと俺は思う。

あの工場の中では「やってらんねえ」っていう人間が実は多数いたんじゃないかな。

奴の素行に問題があったとしても、いずれ他の誰かが何かを引き起こす
企業風土だったのかもしれない。


しかし、だ。


常に冷静に、そして法の範囲の中で戦わなければならない。



俺がリーマンなら、迷わず監督官庁を使うだろうな。

労働基準監督署、消費者庁、省庁傘下の各機関。

場合によって、警察、裁判所、弁護士。
(警察は、怠慢な緩みきった組織だと俺は思っているので関わりたくないね)

労働基準監督署などは身近で使いやすいかもね。

監督官庁がどこまでやってくれるかは分からないが、
安倍政権に代わってから末端の組織の勢いが違うような気がするのは
俺だけだろうか。


昨年、佐伯労働基準監督署管内の悪質な事業所長に対して
大分検察庁に起訴していた事案があった。

記事を読んだとき、「最近、労働基準署やるなぁ」と思ったものだ。

先日もうちの五流新聞に労働基準監督官の特集記事が組まれていたし。


大分市には、新川の合同庁舎と東春日のソフトパークに労働基準監督署があったな。

俺自身は気ままな自営業者だが、いずれ人を雇うときのために

労使紛争の情報を仕入れに行ってみようかな。


戦うときは、常に冷静にそして法の範囲において。













posted by jg at 18:41| Comment(0) | 日々の出来事

2014年01月15日

おはらい町(伊勢市神宮参道


おはらい町


神宮参拝後に立ち寄ろうとしたお店


・二光堂寳来亭

猿田彦神社参拝を終え、おはらい町へ

松阪牛丼を喰ろうちゃろうと思いましてな。

とはいえ、まずは神宮参拝からや!

オーダーストップは16時30分やから
それまでに戻って来ようと店を横目で見ながら
宇治橋を渡る。


ご正宮を参拝し、別宮や摂社は翌日早朝に参拝させてもらおうと
意気揚々と寳来亭へ向かうと・・・・


16時20分の時点で「本日の営業は終了しました。」の

つれない立て看板が・・・・・・


中を見ると、お店の人が嬉々とした顔で片づけをしてやがっている(笑


いつも思うのだが、店閉める時の参道のお店の人達って
嬉々として猛烈な勢いで店を閉めてる気がするんだよね^^;


出雲大社の参道のお店も、5時前になったらバタバタとシャッターが
閉まっていくし。。


「よっしゃーー!一日ガッツリ稼いだ!呑み行くぞーーー!」


って感じ。。




というわけで、おはらい町最大イベントと目した
「松阪牛丼」を食い損ねた俺は流浪の民となり
おはらい町をさまよう事となる。。



−−−


おはらい町最大の目的を失ってしまった俺は流浪の民となるわけだが
頭の中には「社ツアーズ」でのアツシや僕イケメンツケメン芸人(名前忘れた)山口もえが
日本酒の試飲をしていたことを思い出していた。


つぶさに店を見ていると、


「あ、これ だな。。」

IMG_2135.JPG


白鷹三宅商店


随分日本酒は御無沙汰していた。


いつも蒸留酒(焼酎やウイスキー)はやるのだが、醸造酒は歳とともに体に堪えるように
なってきたのでやめていたんだ。


「でも、ま、折角おはらい町に来たしな。呑も呑も♪」

という軽いノリで白鷹を一合頼んだ。

白鷹の中でも割といい銘柄を頼んだ気がするが、、、
もう忘れた。。。^^;

吟醸酒だったかなんだったか。。600円払った気がする。。


IMG_2131.JPG


IMG_2130.JPG



IMG_2133.JPG


おぉ!!写真を見て思い出した!!

極上じゃないか!しかも大吟醸! 

なんだ、俺 イイ酒呑んでんるやん(笑)


−−−−−−−−−


白鷹三宅商店
にて、一合を呑んだ俺は速攻で酔っぱらった。。

なぜなら、、、

朝飯、昼飯共に食べてなかったからねぇ。


・二光堂寳来亭 の松阪牛丼に乾坤一擲の勝負を掛けていたからだ!!
(いや、、勝負じゃねぇし。。)

すきっ腹に、しかも立ち呑みってのは効くもんだ^^;

でも美味しかったからいいのだけどね。

ほろ酔いになり、白鷹三宅商店を出て’おはらい町’に戻った。

少し歩くと、、、


「松阪牛の肉まん(福まん)」と書かれた店があった。


「松阪牛串」とも書いてあった。



「ふ。。えらいグレードダウンだが、これもまた旅の醍醐味。」
と自分を慰めつつ店に寄ってみる。。



お伊勢屋本舗

IMG_2137.JPG


IMG_2136.JPG


福まん も 松阪牛串 も確かにうまい!


しかし、、、

牛串4本食ったら、ほとんど松阪牛丼と変わらない値段になるというね。。。


−−−−−−−

お伊勢屋本舗を微妙な満足感(笑)で後にした俺は
おかげ横丁にも足を踏み入れてみた。。


IMG_2138.JPG


写真はおかげ横丁ではなく、おはらい町だな。。

まぁ日暮れ時の感じを掴んで頂ければ。


話を戻しておかげ横丁だけど、、、
閉店!閉店!閉店!
お店の人駆けまわってるぅーーー!!

とまぁそんな感じでした。


ま、ね。
5時近くだったか、若干過ぎてたから、しょうがないよね(苦笑)


おかげ横丁は眺めただけで終了ーーー(チーン・・・)

−−−−−−−


おかげ横丁を’ちょい見’して、おはらい町に戻る。。。


店が続々と閉店していく中で、さて どの店に寄ってみようか と

酔っぱらった頭でブラブラ歩いていた。


あ、この店でもう一杯やって行こう!


という訳で、もう一軒寄ってみた。

−−−−−−−−


でも続きは明日。。(←おイッ!


、、、とか言いながら延び延び〜^^;

まぁこれも人生って事で(何がや? ^^;


今日は(2/8)久々に酒呑んでいい気分であります!(← 酔っ払ラー


え、っと、何書くんだったっけ・・・。



ん〜、しばし思考停止・・・















あ、そうそう。



おはらい町、最後に寄った店やった。。


伊勢萬 内宮前酒造場


IMG_2142.JPG


IMG_2140.JPG



IMG_2141.JPG



正直、こんときはすでにヨッパらーなので味がようわかってないというね。。

まぁ旅の思い出ってことで(苦笑


この後、ホテルに戻る訳だが
俺、伊勢シティホテルアネックスに泊まったんやけどね
そのとなりの隣くらいにスーパーがあるんよ。おらが町のスーパーって感じのね。
そこに入って、惣菜買ってビール買って、部屋呑み。。


部屋呑み終わってから、地もぴーの店にも行ってみようかって自問自答して
7時半過ぎにホテル出発〜

地元の店は、別途記事を起こそうかな。


おはらい町レポはこれにて〜








posted by jg at 20:13| Comment(0) | 旅・・